パパ活

【ママ活バイト特集!】どこで募集してる?実態を大調査!稼ぎたい男集まれー

「ママ活バイトなんてどこで募集してんの?」

若い男性にとって、「女性とデートしてお金がもらえる」なんて、ママ活はかなり魅力的なバイトですよね!

もちろん、普通に生活しているだけではママは見つけることはできません。

【ママ活バイト特集!】どこで募集してる?実態を大調査!稼ぎたい男集まれー

どうすればママ活バイトを始められるのか?

2022年のママ活の実態をお伝えします!

ママ活バイトの募集方法をまとめ

ママ活バイトの募集方法をまとめ

ママ活とは、年下の男性が年上の女性=ママとデートする見返りに、お金やプレゼントをもらうことです。

ママによって「求めること」は様々で、一緒に食事することがメインのママもいれば、買い物をしてほしいママ、体の関係を求めるママ、ただ若い男性の夢を応援したいママなどいろいろです。

「パパ活」の逆と考えるのが分かりやすいですが、カラダの関係だけを求めるというよりも、一緒にいることで癒しや安らぎを求めたり、女性扱い・特別扱いされることに対してお金を払っている人が多いのが特徴です。

「ママ」と「セフレ」は別物です!

ママ活バイトを探す方法はいくつかあります。代表的な募集方法は、下記の通りです。

  • 街でナンパ
  • TwitterやInstagramなどのSNSで探す
  • 掲示板で探す
  • 一番は「出会い系アプリ」で探す!

どの方法が最も効率よくママを見つけることができるのか、それぞれ確認していきましょう。

 

街でナンパ

とにかく街に出て、ママになってくれそうな人に声をかけていくという方法。

いますぐ街に繰り出せば、費用もかけずすぐに始められますが、はっきり言って現実的ではありません

そもそもなんぱの成功率がどうなんだ!?という問題。人によって得意不得意もあるでしょう。

しかも、ママ活をする女性は、「どんな男性でもいい」わけではありません。応援するに値する、お金をあげてでも一緒に過ごしたいと思わせる男性でなければいけません。

結論、残念ながらママ活バイトの募集と「ナンパ」は相性良くありません。

 

TwitterやInstagramなどのSNSで探す

同じく今すぐ無料で始められるのが「SNS]で探す方法です。

TwitterやInstagramなどで「#ママ活」や「#ママ活募集中」などのハッシュタグで検索して見て下さい。多くの投稿は検索に引っかかるでしょう。

匿名性を生かしてSNSで探すことも可能ですが、業者・詐欺には要注意です。プロフィール写真も簡単に信じてはいけません。

ネカマもいます!美人局もいます!個人情報も抜かれます!援デリ業者もたくさんいます!

簡単に使えるが故に、悪の温床にもなりやすいので使う場合は注意してください。

 

掲示板で探す

ママ活したい男女が書き込める掲示板が存在します。

そこからLINEのIDを交換して連絡を取り合うのが流れではありますが、ここも業者だらけです。

「ママ活用掲示板」という響きは完璧ですが、残念ながらここで個人情報をさらすにはリスクが高すぎるので、おすすめできません。

 

【答え】一番は「マッチングアプリ」で探す!

結論から言うと、ママ活相手を探すなら「マッチングアプリ」が一番おすすめです。

唯一のデメリットは、男性はアプリを使うために月額料金やポイント料金を払わなければいけない点です。

でも安心してください!ママ活バイトが始まってしまえば、この出費なんてあっという間に回収できます!

マッチングアプリは、世の中に信じられないくらいめちゃくちゃあります。笑

マッチングアプリを選ぶときのポイント

  1. サクラ・業者率(SNS・掲示板同様要注意!)
  2. マッチング率(女性が少なくて全然マッチできないは論外)
  3. 女性年齢層(ママ活のお相手は、基本的に30~50代)

このあたりを注目していくといいでしょう。

マッチングアプリのなかには「恋愛」「婚活」の要素が強いアプリもあります。

「女性とは出会えるけど、ママ活には向いていない」アプリもあるので、気を付けましょう。

なおハッピーメールは、創業20年以上で累計会員数も2,700万人とケタ違いに多いです。

また、ママになりうる年齢層30~50代の女性が会員女性の40%もいるので、年下男性とデートしたい女性はたくさんいます。

初めてママ活バイトをしようと思っているのなら、無料ポイントももらえるハッピーメールからスタートしてみるのがオススメです。

詳しくはこちら↓

【実録】ハッピーメールでママ活してバイト辞めたわ草w 詐欺にだけ注意しとけ

 

ママ活バイトの平均時給は?

ママ活バイトの平均時給は?

ママ活バイトでもらえるお金は、時給計算すると平均3,000円~5,000円です。

ママと何をするかによっても、もらえるお金は変わってきますので、1回のデートで数万円いくことも十分あります。

また、ママによって差が出るのはもちろん、地域によっても相場に差が出るので、目安程度にみてください。

一般的に、地方でのママ活は都心の相場から1~2割は下がると思って下さい。

 

デートの内容によってもらえる金額は変わる

平均時給は、あまり参考になりません。なぜなら、ママとのデート内容によって、拘束時間は変わってくるからです。

ママがどんなデートを希望しているのかによって、平均時給は大きく変わってくるでしょう。

デート内容とその相場を下記にまとめましたので、参考にしてください。

デート内容相場
デート(カフェ)3,000円~5,000円
買い物デート5,000円~10,000円
デート(ランチ)5,000円~10,000円
デート(ディナー)10,000円~20,000円
1日デート20,000円~30,000円
1泊2日デート20,000円~50,000円
定期契約(1ヶ月単位)50,000円~100,000円

 

ママ活は複数同時並行ができる

時給5,000円は、普通に高額です。しかもアルバイトのような「労働」をするわけではなく、一緒にご飯を食べたり、買い物をするだけでお金をもらうことができるので、とても魅力的な稼ぎ方と言えます。

しかし、時給5,000円のバイト先1つでは物足りないという欲張りな方!

喜んでください、ママ活は掛け持ちOKです。複数のママと同時に付き合うことが可能です。

ママ活は、ママと付き合うわけでも、ましては婚約する訳でもないので、“合法的に”掛け持ちすることが出来ます。

ママ活は通常のアルバイトとは違い、同じ人に週に5回も6回もできるわけではありません。

そのため、より多くのお金をもらいたいと思うなら、週1回のママ活相手を2人、3人と増やしていけばさらに稼ぐことが出来るでしょう。

 

現物がもらえることも

ママ活でもらえるのは、現金だけではありません。

基本的に食事代などのデート代はママが出してくれますし、一緒に買い物に行けば、プレゼントを買ってくれますし、ホテル代やお土産代、交通費なども負担してもらえることが多いです。

現金ではありませんが、それなりに高額な負担をしてもらうことができ、自分のお金を使わずに色々な経験ができる点もママ活の嬉しい点ですね。

 

ママ活バイトの選び方

ママ活バイトの選び方

ママの選び方、探し方にはいろいろな方法があります。

手段としては、前半でお伝えしたように、マッチングアプリや掲示板、SNS、ナンパを使った方法です。

私はマッチング・出会い系アプリをおすすめしていますが、ママを探すポイントを紹介します。

 

アプリによって女性の特徴がある

ママからお小遣いをもらう立場ですが、こっちにもママを選ぶ権利はあります。「お金をくれるならどんな女性でもいい」みたいな方もいますが、どうせ同じ時間を過ごすなら、できるのなら好みの女性がいいですよね。

マッチングアプリには、アプリごとに女性の傾向・特徴があります。

会員数の多いハッピーメールが一番おすすめですが、他にも代表的なアプリを紹介します。

  • ワクワクメール:年齢層の若いママに出会いたいなら
  • Jメール:大人な出会いにも興味があるなら
  • PCMAX:夜の出会いに積極的なママがいいなら

もちろん高望みは厳禁ですが、自分が理想とするママにより出会えそうなアプリを選んで、ママを探すのもいいと思います。

余裕のある方は、複数のアプリを同時並行で進めるのが効率よくおすすめです。

 

とにかく業者・詐欺に注意

とにかく、サクラ・業者・詐欺・美人局に気を付けてください。(上記画像:かわいいけど、あきらかに日本語がおかしい…)

知らずに偽ママを選んでしまうと、お金・時間の無駄なだけでなく、恐喝や詐欺などの犯罪に巻き込まれる危険性もあるので、細心の注意が必要です。

下記のような特徴のある人とメッセージのやり取りをしている場合は、気を付けてください。

こんな女性には要注意

  • お金(前金・保証金という名目)を要求してくる
  • すぐに他アプリに移行しようとしてくる
  • メッセージがやたら長文
  • メッセージやプロフィールの日本語が明らかに不自然
  • 返信内容が定期文
  • 写真が可愛すぎる(他人の写真を勝手に使ってる可能性あり)

「ママの選び方」とは、「偽ママの避け方」ともいえるでしょう。

 

本気の恋愛希望の女性にも気を付けて

詐欺でなくても、気を付けないといけない女性がいます。

それが、「本気で」恋人をさがしている女性です。

あなたもそういう出会いを求めているのならイイですが、これでは1円もお金は増えません。むしろ、あなたがおごる場面すら出てきます。

何度か会っているうちに恋愛感情が芽生えてしまう可能性がもちろんゼロでなく、どうしようもない部分はあります。

ただ、最初から恋愛目的の女性はフィルターをかけておかないといけませんので、「自分はママ活目的である」ということはきちんと伝える必要があります。

 

ママ活はバランスが大切

ここで難しいのが、「お金をください」を前面に出しすぎると、それはそれでママ活はうまくいきません。

ママを満足させ、癒し、楽しませることが出来て初めて、その対価としてお小遣いがもらえます。

ママ活はバイトではありますが、お金をもらう以上「女性の気持ちを考えること」もきちんと考えて、行動する必要がありますね。

 

ママ活バイトQ&A

ママ活バイトQ&A

最後に、ママ活バイトでよくある質問についての回答をご紹介します。

 

ママ活って違法じゃないの?

ママ活は、基本的に「自由恋愛」に当てはまりますので、違法にはなりません!

しかし、注意が必要なのは「肉体関係を要求された場合」です。金銭のやり取りを行った上で性行為をしてしまうと、売春とみなされる可能性があります。

お互い成人していて、双方同意のうえであれば、正直グレーゾーンといった感じです。お小遣いと恋愛は別だと言い張ることもできますし、二人の秘密にしている以上は、何の問題もないでしょう。

ただママが既婚者であった場合は不貞となり、最悪の場合慰謝料を請求されるリスクもあるので、くれぐれも注意が必要です。

また男性側が18歳未満だと、条例や法律に抵触してママが罰せられる危険性があるので、肉体の関係はおすすめしません。

参考:児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(e-GOV法令検索)

 

ママ活相手を見つけるためにアプリに課金しないといけない?

ママを探すにはマッチングアプリがおすすめですが、「男性はアプリ使うのにお金かかるよね?」と思う方もいるでしょう。

たしかにこの手のアプリは、女性無料・男性有料です。ですが、それぞれのアプリごとに初回登録時に無料ポイントをもらうことができるので、アプリからLINEなどに早々に移動することで、課金せずともママに出会うことも可能です。

また多少課金が必要だったとしても、ママ活がスタートできれば、数回のデートですぐカバーできるので、あまり気にする必要もないでしょう。

 

女性に会ってからでもママ活をキャンセルすることはできる?

いくらお金をもらえるからといっても、あまりに自分にあわない女性とママ活するのは精神的にもしんどいですよね。

ママ活はアルバイトのように契約書を交わしているわけでもないので、会ってからでもキャンセルすることはできます。

ただ、相手の女性を傷つけないように最低限の配慮をして、丁寧な言葉でお断りしたい旨を伝えましょう。

 

ママ活で稼げ!

ママ活を始めるとき、詐欺など多少のリスクは確かにあります。

ですが、ママ活自体が違法行為なわけではありませんし、デートをするだけで稼げるなんて夢みたいな話です。

少しでも興味のある若くて魅力的な男性のあなた、ぜひママ活始めてみてはいかがでしょうか。

【実録】ハッピーメールでママ活してバイト辞めたわ草w 詐欺にだけ注意しとけ

-パパ活

© 2022