LINEテクニック

【LINE編】年上男性の脈ありサイン大全集!落とすテクニックまで一挙紹介

2019年4月27日

「年上男性と仲良くなりたい!」

そう思う女性は、最近特に増えてきてます。

忙しい年上男性には「LINE(ライン)」でのやりとりが効果的!

今回はもらったメッセージが「脈あり」かどうかでまで、しっかり考察してみました。

 

年上男性とのLINE「脈あり」サイン

LINEをしていて、「これって脈ありなのかな?」と思う時があるとおもいます。

不安を解決するために、男性からの下記4つの「脈あり」サインをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

既読から返信が早い

メッセージを送ってから返信が来るのが早いのはかなり「脈あり」。

年上男性は基本的、仕事以外で頻繁にメッセージを飛ばすことはしません。

さりげなく送ったメッセージにすぐ既読がついて返信がくる場合、高確率で相手はあなたのことが気になっています。

長文・短文といった、文章の長さはあまり気にしなくて大丈夫です。

即レスがくることに意味があります。

シンプルですがかなり期待ができるサインです。

 

プラスな内容のメッセージが多い

自分のことをよく褒めてくれたり細かいところまで覚えててくれるなど…。

プラスなメッセージをくれるのも好印象の証拠です。

冗談ぽくいじっても、しっかりフォローがあったりなんだかんだと可愛がってくれてる場合も同じ。

年の差があるので相手からガンガンいけない分、あなたに少しでもよく思われたい気持ちがあるのです。

プラスの内容にはこちらもプラスで返してあげましょう。

相手もきっと嬉しいと感じてくれます。

 

スタンプや絵文字をたくさん使う

基本男性はメッセージに絵文字やスタンプを使いません。

気になる年上男性がやたらとスタンプや絵文字を送ってくるようだったら、あなたの事が気になっている証拠です。

なぜなら男性は、気になる女性とやり取りする際少しでも親近感をもって欲しいと絵文字やスタンプを使う場合があるからです。

あなたに「喜んでほしい。好意をもってほしい」と思っている確率が高いでしょう。

お返しに自分もスタンプで返してあげれば、相手もきっと喜んでくれます。

 

疑問系の文末が多い

メッセージを疑問系で送るということは、相手の返事が欲しいということです。

こちらも「脈あり」でしょう。

普通、興味のない相手に質問なんてしないですよね。

メッセージを頻繁に送ってくる男性は、きっとあなたの事が知りたくて仕方ないのでしょう。

少しでも長く連絡を取りたい!と会話が途切れないようにわざとしている可能性が高いです。

あまりグイグイ来られると困ってしまいますが、気になる人からのアプローチだと思えば嫌な気はしないはず。

 

勘違いしやすい脈ありLINE一覧

LINEをしていて、脈ありかどうか判断に困る時もあるかと思います。

迷いや不安を解決する為にも、女性が勘違いしやすい3つの例をお伝えします。

 

「妹や娘みたい」とよく言う

残念ながら恋愛対象とは思われてない可能性が高いです。

特に相手と年がある程度はなれている場合によく聞くケースです。

言葉の通りあなたの事を「妹か娘のように」感じているのでしょう。

若さは確かに武器ですが、若すぎることが逆に作用することもありますので、しっかりとした大人の感覚も持ち合わせていたいです。

 

話題が下ネタばかり

やたらと「下ネタ」ばかり送ってくる場合は考えましょう。

あなたの事を真剣に考えていない可能性が高いからです。

相手はあわよくばセフレのような関係になれればいいか…。くらいの気持ちしかないでしょう。

身持ちが軽い男性は、妻子がいても平気で誘ってきます。

「それでも私はあの人が好きだから関係ない!」

という覚悟があるのであれば止めはしませんが、傷つくのはあなたです。

LINEでのやりとりの段階からすでに雑な扱いの人はそれまでの人だったと割り切った方が懸命です。

 

先の予定を話さない

相手はあなたの事を現段階ではそこまで興味がないかもしれません。

無関心であると考えられるでしょう。

普通、気になる相手とのLINEだったら、やりとりをきっかけにして次に繋げたいと思います。

 

年上男性とLINEする上での話題のコツ

送るタイミングや話題も重要です。

じつは一年間のうち、アピールするのに絶好の時期があるのをご存知でしょうか。

押さえておきたい「LINEのタイミング」を解説していきます。

 

相手の誕生日

気になる人から誕生日を教えてもらってる場合は、当日にメッセージを送ってもいいでしょう。

いくつになっても、お祝いしてくれる相手がいるのは嬉しいものですよ。

気になる人とある程度やりとりを重ねて仲が深まっているなら、一押しするチャンス。

「おめでとう!今度ゆっくり二人でお祝いしませんか?」

なんて普段はなかなか言えない大胆な事も、思い切って打ち明ければ上手くいくかもしれません。

しかし、相手から直接誕生日を教えてもらっていない場合は要注意。

メールを送るテンションを間違えると一気にドン引きされる可能性があるので気をつけましょう。

 

元旦・大晦日などの年末年始

一年の節目に、きちっとしたメッセージを送るのも意外に大事です。

ビジネスメールのようなかしこまった文章ではなくて大丈夫です。

一年の初めと終わりには、自分の言葉で相手への感謝の気持ちを伝えましょう。

小さいことをきちんと行うことで、「この子、若いのに意外としっかりしてるんだな」と相手はあなたへの評価を高めるはず。

もちろん年賀状でもいいですが、住所を聞く行為ががハードル高めですが、LINEなら気軽に送れます。

今どきは近しい相手にLINEで「あけおめ」メッセージを送るのが一般化してますので、堅苦しくなく気持ちを伝えられるのでオススメです。

 

クリスマスの前日

ちょっと勇気がいりますが、クリスマスの前日なんてのもあります。

なぜこのタイミングかというと、相手にもしパートナーがいれば、クリスマスは予定があるはず。

長々とメッセージのやり取りをするより、確実に相手に彼女がいるかわかりますし、一気にアプローチができます。

あくまで例ですが、

「もうすぐクリスマスですね^^私には関係のないイベントだなあ…笑」

の様にさりげなく自分がシングルである事を匂わせば、あなたに興味があって自分もシングルの男性は必ず食いつくでしょう。

 

年上男性を落とす!LINEやり取りのコツ

次は具体的に、年上男性が喜ぶやり取りのコツをご紹介します。

年の差があるからこそ、しっかりふるまう時と甘える時のバランスが大切です。

 

基本は敬語・たまにタメ口

本格的に仲良くなるまでは、基本敬語がいいでしょう。

中にはタメ口で来て欲しい年上男性もいますが、バカっぽい今時の若者のように見え、タメ口に嫌悪感を抱く人もいます。

相手がどんな女性がタイプかわかるまでは敬語を崩さないのをおすすめします。

しかし、敬語で話してて会話が盛り上がった際、ふいにタメ口が出てしまうのはアリ。

「つい楽しくて素が出ちゃった」とかわいいスタンプを添えて送れば、向こうもあなたとの会話が更に楽しくなります。

普段は敬語な分、たまに出るタメ口は年上男性には「ギャップ萌え」としてむしろ好印象です。

 

つねに相手を立てる

年齢が離れているからこそ、同世代よりも相手を立てる気持ちは忘れずに。

自分が変にへりくだる必要はありませんが、年の差があるという事はそれだけ色々なことでも経験を積んできたという事。

相手を尊敬するスタンスは崩さないほうが上手くいくコツです。

よく言われる会話の「さしすせそ」などは、特に年上男性に鉄板なので覚えておきましょう。

  • さ→「さすがです」
  • し→「知らなかった」
  • す→「すご〜い」
  • せ→「センスある」
  • そ→「そうなんだ」

上記のようなテクニックを、会話の中にさりげなく盛り込んでいけるのが理想です。

 

元気がない時は体調を気にかける

ある程度の年上男性は、仕事でのキャリアや立場があるのがほとんど。

中には自ら会社を経営している場合もあるかとおもいます。

基本的に、自由な時間は少ないと思っていいでしょう。

忙しさのあまり体調を崩す事も珍しくありません。

普段のやり取りの中で「あれ?」と思ったらさりげなくメッセージで気にかけてあげましょう。

逆の立場でも、自分がちょっとしんどい時に気になる人から体調を気づかう連絡が来たら嬉しいですよね。

独身の年上男性は特に優しい心配りができる女性に弱いです。

 

年下を活かしてたまには甘える

ですが、たまには年下らしく思いっきり甘えるのもいいでしょう。

なかなか会えない日が続く時は、いつも通りに「無理しないでね」と返すのではなくたまには可愛くすねてみるのも相手にとっては新鮮です。

時にはぶりっ子みたいに甘えても、許されるのが年下の特権。

年下という立場をいかして子供っぽくだだをこねてもいいかもしれません。

普段はしっかり気遣いのできる女性がたまに見せる無邪気さに、年上男性にはキュンとします。

 

これはNG!年上男性には迷惑なLINE

逆に、年上男性に送ってはいけないメッセージもあります。

ダメな例がはじめからわかれば、失敗するリスクを減らせることができます。

 

汚い言葉つかいはNG

LINEのやり取りもはずんで、つい友人と話しているような感覚になるのはいいことです。

しかし言葉づかいは気をつけましょう。

年上男性は言葉使いに敏感です。ほとんどの男性はいい顔をしません。

  • 「うざかったんだけど」
  • 「クソ疲れたー」
  • 「マジでムカつく」

などもってのほか。

また、今どきの女子高生が使う様な「JK用語」なども要注意。

こちらも普通の年上男性は嫌悪感を持ちますので、基本は友達間のみで使うようにしましょう。

 

メッセージは毎日送らない

気になる人がいると、ついつい気になってたいした用事もないのにメッセージを送ってしまったりしがち。

同年代ならまだ大丈夫ですが、年上男性とやり取りする際には注意が必要です。

なぜならほとんどの男性は、何度もどうでもいい話題でメッセージを送られても困るだけです。

しつこく送ったせいで、相手があなたに一気に嫌な印象を持つケースも珍しくありません。

自分の気持ちが逆効果にならないように、1日にメッセージは多くて2〜3往復くらいにとどめましょう。

また、毎日送るのもおすすめしません。

相手にべったり依存するより「連絡しなくてもあの人は元気にやってるだろう」と思える距離感のほうが付き合った際にも長続きします。

 

返信は急かさない

先ほど、年上男性は忙しい場合が多いとお伝えしました。

だからこそ、返信が遅くなっても急かすのは絶対NG。

不安になって追っかけたくなりますが逆効果です。気持ちはわかりますが、グッとこらえましょう。

そもそも忙しい合間をぬって連絡を送ってくる理由は、あなたが気になるからです。

仕事が落ち着けばまた「こないだはごめんね」と向こうから連絡が来ると思って、待つのをオススメします。

しかしいつまで待っても連絡がこない場合は、LINEを見落としている可能性もあるので、さりげなくメッセージを送ってもいいでしょう。

返事を急かさない雰囲気で送る方が相手も返信しやすいです。

 

年上男性は「メール・LINE」のやり取りが大事!

メール・LINEのやり取りは付き合うまでの第一歩です。

ここでの印象が良いものだったら、恋愛に発展する可能性もかなり高めといえます。

お付き合いが始まっても、お互い働いていれば頻繁に会えるわけではありませんが、メールやLINEなら忙しくて気軽に連絡が取れます。

会えないからこそ、LINEでの印象がとても大事になるのです。

-LINEテクニック

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.