恋愛コラム

【逆玉の輿の方法・乗り方】婚活でどうしても逆玉に乗りたい男性必見!

更新日:

「働きたくない・・」

「セレブ女性のヒモになりたい・・」

と思っている男性は多いです。

今回、逆玉に成功した男性を取材してみえてきた乗り方をご紹介します。

 

婚活で逆玉の輿する方法・乗り方

逆玉の輿に乗るためには、まずはハイスペックな女性と出会う必要があります。

では、どこで出会いを探せばよいのでしょうか。

婚活で逆玉の輿する方法や乗り方を紹介します。

 

婚活パーティーで狙う

婚活パーティーでは、プロフィールカードで相手の職業や年収が分かります。

そのため、ハイスペックな女性を狙いやすいというメリットがあります。

高収入の女性は、仕事で忙しくて出会いがない、近づきにくい雰囲気で男性にモテないなどの理由から、婚活パーティーで出会いを探している人も多くなっています。

お金持ちの女性には、男らしさをアピールしましょう。

仕事を頑張る女性は、金銭的には余裕がありますが、心の支えを必要としている場合もあります。

話を聞く、女性を褒めるといった方法でアプローチしていきましょう。

最近は、逆玉の輿を狙っている人向けの婚活パーティーも開催されています。

男性限定 全国の婚活パーティーが10%OFFのクーポン発行中!

 

結婚相談所に登録する

結婚相談所では、仲人さんと呼ばれる人が間に入り、会員同士を紹介します。

入会審査によって身元がある程度保証されている、断りの連絡は仲人さんがしてくれるなど、安心して利用できるのがメリット。

社長令嬢や社会的地位がある女性にとって、婚活をしやすい場所なのです。

また、結婚相談所によっては逆玉の輿を望んでいることを伝えておけば、セレブ女性を紹介してもらえる可能性が高くなります。

婿養子になっても良いことを伝えておけば、婿養子を探している社長令嬢と出会える確率も上がるでしょう。

ゼクシィ縁結びカウンターで無料相談する

 

ママ活をする

ママ活とは、簡単に説明するとパパ活の逆バージョンのことです。

つまり、女性が男性に経済的な援助を行うことです。

逆玉の輿を狙うには、デートや食事を重ね、女性にとって必要な癒しの存在になることがポイント。

また、子どもができないママを狙って、我が子のように面倒を見てくれる関係を作ってしまうのもありです。

ママを探すには下記の方法があります。

  • 「#ママ活」「#ママ活募集」のハッシュタグつけて投稿
  • サイトや掲示板を活用する
  • ママ活専用のマッチングアプリを利用

 

マッチングアプリを使う

効率よく婚活するならマッチングアプリがおすすめです。

年収や職業による絞り込み検索ができるアプリであれば、ハイスペック女性に的を絞ってアプローチすることが可能です。

女性からの返信率を上げるポイントは、まじめで清潔感のある印象を持ってもらうことです。

「逆玉の輿を狙っている」「チャラそう」と思われるプロフィールにならないように気を付けてください。

写真は顔が分かるものを選び、自己紹介文は真剣な出会いを探していることが分かる内容にしましょう。

 

合コンに参加する

ハイスペック女性を合コンに呼んでもらうためには、そのような女性と繋がりのある人が身近にいないといけません。

また、せっかくハイスペック女性と合コンができても、同じく合コンに参加している人がいるのでライバルが多いというデメリットもあります。

ただ合コンを楽しむだけであれば良いですが、効率よく逆玉の輿を狙う人には向いていないでしょう。

 

逆玉の輿の苦労エピソード・体験談

逆玉の輿に乗れば憧れの贅沢な生活が手に入るイメージがありますが、現実は苦労もあるようです。

逆玉の輿に乗った3名の男性から聞いた、苦労エピソードをご紹介します。

※調査方法:ジモティ.直接取材×3名の匿名男性

男性・主夫(31歳)

マッチングアプリで知り合った外科医と結婚しました。

夜勤や医師会などで忙しくしているので、家事は全て僕がやっています。

希望通り逆玉の輿に乗れて主夫になりましたが、大変なことも多いです。

妻は賢くてプライドも高いため、妻を立ててあげないとムッとしてしまいます。

「私のおかげで生活できてるんだからね」と言われることもあり、妻の方が立場は完全に上です。

また、医者仲間の集まりに僕も参加することがありますが、会話について行けません。

医者家系の人や、もともとお坊ちゃんやお嬢様だった人が多くて、平凡な家庭で育った僕とは世界が違います。

 

男性・主夫(25歳)

14歳年上の嫁は外資系企業のキャリアウーマン で、小さな会社で働いていた僕には稼げないほどの給料を持って帰ってきます。

当時の僕の年収と比べると、5倍ぐらいは稼いでいると思います。

今はタワーマンションに住んでいて、嫁の休日は買い物や旅行に出かけます。

嫁と結婚しなかったらこの歳でこんな贅沢な生活はできなかったです。

しかし、嫁と出会ってからは、自分のプライドは全て捨てました。旦那というよりはペットという方が近いと思います。

嫁好みの髪型や服装にしていますし、嫁の言うことに対して口答えもしません。

あと、自由に使えるお金はありません。財布の紐は嫁が握っているので、お金が必要な時は嫁にお願いしないといけないです。

周りからは贅沢な暮らしをしていると思われていますが、全て嫁の所有物ですし、僕に自由は全くないです。

 

男性・取締役(32歳)

逆玉の輿に乗ると決めてからは、富裕層の女性がいる出会いの場に積極的に行きました。嫁との出会いは、婚活パーティーです。

嫁は社長令嬢で、結婚後は婿養子になりました。名字は嫁の名字です。

働いていた会社も辞めて、大阪から静岡に引っ越しました。

今は、義父が経営する会社で取締役をしていますが、後継ぎとして扱われるプレッシャーがあります。

会社では、義父に気を遣うのはもちろんですし、社員からも婿養子の跡取りという目で見られているので気が抜けないです。

家に帰ると、お嬢様育ちの嫁のわがままに付き合うのが大変ですし、落ち着ける時間があまりないです。

逆玉の輿に乗るのは覚悟しておかないといけないと思います。

昔からの友人からは、「出世したな」とか「俺も逆玉の輿を狙おうかな」とうらやましく思われますが、苦労も多いのが現実です。

今すぐに逆玉したいならママ活をしましょう。

>>【ママ活やり方】おすすめアプリ5選!募集・コツ・相場を総まとめ

 

体験談・エピソードからわかった辛い理由をまとめました。

人間関係に気を遣ってつらい

類は友を呼ぶという言葉の通り、ハイスペック女性と交友が深い人は、同じレベル以上の人が多い傾向があります。

例えば、お嬢様学校や一流大学の出身や、難関国家資格の仕事や一流企業で働いている人などです。

育った環境や収入、社会的地位が違う人と一緒にいると、物事の考え方や金銭感覚などの価値観に差を感じ、気疲れする人もいます。

また、妻の面目をつぶさないように常に気を遣っていないといけません。

「ま、いいか」と思えたり、交友を楽しむことができる人は大丈夫かも知れません。

しかし、気にしてしまう人や神経質な方は妻の人間関係が苦痛に感じるでしょう。

 

居場所がない

妻の実家に婿養子として迎えられたものの、一家団欒の中に溶け込めない場合があります。

妻や家族を敵に回すと居場所がなくなってしまうので、言いたいことを我慢し、それがストレスになる人もいます。

また、妻の親の会社に跡取りとして入ることで、親からのプレッシャーや周囲の目がストレスになる人も。

どこにいても肩身が狭いと感じるようになると、自分には居場所がないと思ってしまうようです。

 

お金が自由に使えない

妻が家計を管理していると、自分が自由に使えるお金は一切ないという場合もあります。

高級マンションに住み、高級車に乗っているのに、自分の財布の中は0円となると苦痛で仕方ないです。

お金持ちの人はケチな人が多いというのはよく言われることですので、お小遣いについては事前に話し合っておく方が良いでしょう。

 

わがままに疲れる

お嬢様として裕福な家庭で育った女性の中には、何不自由なく生活してきたことから、自分の思い通りにならないことが受け入れられない人もいます。

言ったことは聞いてくれるのが当たり前だと思っているかもしれません。

エステ、コンサート、旅行、食事会など、自由気ままに生活し、わがままを貫く妻に疲れてしまう男性もいます。

 

男のプライドが傷つく

男としてのプライドを持ち続けていると、収入や社会的地位の格差に落ち込んでしまう場合があります。

「生活を支えているのは私」という意識が強い妻であれば、それが伝わる言動に、男のプライドは傷ついてしまうかもしれません。

逆玉の輿に乗ると決めたのであれば、男のプライドは捨ててしまうか、心の引き出しの奥底にしまっておく方が賢明でしょう。

 

逆玉の輿はよく考えてから行動しよう!

逆玉の輿の方法について解説しました。

成功したらいっけん働かなくて楽に感じますが、苦労やつらいことが多いのも事実です。

お金以外にも純粋にパートナーのことが好きでないと長続きはしないでしょう。

短期的に女性から支援してもらいたい人は、ママ活の方がおすすめです。

編集部がママ活に成功した男性の実体験をもとに下記でご紹介しています。

>>【ママ活やり方】おすすめアプリ5選!募集・コツ・相場を総まとめ

 

無料で安心して利用できるので、興味あるひとはのぞいてみてください。

 

 

-恋愛コラム

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.