恋愛コラム

「彼氏いないの?」と聞いてくるうざい男の心理|上手な返し方って?

「彼氏いないの?」

と聞いてくる男性ってなんなの!

と疑問をもっている人も多いとおもいます。

ごまかしのきく上手な返し方や聞いてくる男性の心理をまとめました。

 

「彼氏いないの?」と聞いてくるうざい男の心理

男性から「彼氏いないの?」と聞かれたことがあるという女性は多いはず。

特に興味のない男性からそう聞かれると、“うざい”と思ってしまうかもしれません。

いったい、こう聞いてくる男性にはどんな心理があるのでしょうか。

 

彼氏がいなければ付き合いたい

少なからずあなたに興味があり、今彼氏がいないなら付き合いたいと思っています。

好きな人に恋人がいるかどうか気になるのは当然のことです。

反対に、興味のない女性に彼氏がいるかいないかなんて関係ないでしょう。

ただ話題として振った場合でも、異性として意識しているということは確かです。

とはいえ、「彼氏いないの?」と聞いてきたからと言って、その場で告白してくるわけではなく、まだ探っている段階になります。

 

好きになってもいい相手なのかどうかの確認

稀に恋人がいても関係なくアプローチしてくるようなタイプの人間もいますが、ほとんどの男性は彼氏のいる女性のことは気になっていても諦めます。

まだ好きになっていなくてただ気になる存在というだけでも、念の為に恋人の有無は知っておきたいもの。

ウッカリ彼氏持ちの女性に告白してしまわないよう、事前に確認をしておきたいのです。

どちらにせよ、あなたに対して恋愛的な感情を持っているということに間違いはないでしょう。

 

ただのコミュニケーション

コミュニケーションの一環として、ただ純粋に彼氏がいるか気になったから聞いているケースもあります。

深い意味はないけどこれから友人として付き合って行くためにも知っておきたかったという心理も考えられるでしょう。

例えば、友人として付き合っていきたい相手だとしても、

  • これから自由に遊んでいいのか
  • 気軽に連絡をしていい相手なのか

などが気になるようです。

必然的に「彼氏がいたら少し控えといたほうがいいかな・・・」となるのでしょう。

 

恋愛ネタを話したかったから

飲み会や合コンなどで聞かれた場合は、「女性は恋愛ネタを好むから会話の切り口として聞いてみた」という心理も考えられます。

反対に、もともと恋愛話をしていて、「話の流れで聞く雰囲気になったから聞いた」という場合も。

この心理の場合、あなたに脈があるという可能性は低いでしょう。

 

自分が「彼女いないの?」と聞かれたくて

彼女もちの男性に多い心理です。

この話題を振ってくる男性は、反対に自分が「彼女いないの?」と聞かれたいという心理です。

フリーの男性の場合、“モテない”と思われるのが恥ずかしいので、聞いてこない場合もあります。

彼女がいるのに「彼氏いないの?」と聞いてくる男性は、彼女がいることを言ってモテるアピールをしたいのでしょう。

あなたに気があるのではなく、ただ自慢をしたいだけの可能性が高いです。

 

本命には聞けない

「彼氏いないの?」と聞いてくる男性は、6割はあなたに気があるサインです。

ただし、反対に本命の女性には聞けない・・・という男性も少なくありません。

  • 本命の女性の恋人の有無は知りたいけど聞く勇気がない
  • ただの友達ならサラっと聞けるのに本命には聞けない

という心理が考えられます。

そのため、彼氏がいないのか聞かれたのは、“聞きやすい相手”だと思われているということです。

 

「彼氏いないの?」に対する上手な返し方

では、実際に「彼氏いないの?」と聞かれたときは、どのような返し方をするのが上手なのでしょうか?

 

「彼氏がいなかったら口説いてくれる?」

かなりハードルの高い返し方にはなりますが、もし好きな相手に「彼氏いないの?」と聞かれた場合は、これが一番のモテ回答です。

実際の恋人の有無は答えていませんが、彼氏がいないのだと判断ができますし、男性はついつい口説きたくなってしまいます。

「彼氏いないっていったら、ちゃんと口説いてくれるんですかぁ?(笑)」なんて冗談っぽい感じでも良いですし・・・

「彼氏がいなかったら、私のこと口説いてくれます?」と、しっとり答えても良いですし・・・

相手のタイプに合わせてみましょう。

  • 「彼氏がいたらガッカリしてくれます?」
  • 「もし彼氏がいなかったら嬉しいですか?」
  • 「え~、彼氏がいなかったらどうするの?」

口説くというワードにハードルの高さを感じたら、上記のような答え方でもOKです。

 

 

「彼氏いるか聞いてどうしたいの?」

少し面倒だと思われてしまうかもしれませんが、相手が自分のことを脈ありかどうか確認したいときにはピッタリの返し方です。

あまり冷たくなりすぎないように、冗談っぽく返すのがポイント。

照れるか、「狙っちゃおうかな」など言ってくる男性は脈ありだと思って良いでしょう。

そもそも男性はこの質問をする場合、脈ありでもなしでも単純に気になったから聞いているだけです。

こう答えてあえて先を促すことで、相手に自分のことを考えてもらえるチャンスになります。

少し気になっているような男性には使える返し方なので、ぜひ実践してみてください。

 

「いないよ、誰かいい人紹介して」

恋愛対象外の相手に聞かれた場合に最適な返し方です。

「いないよ」だけでは相手からアプローチされて面倒なことになってしまうので、「誰かいい人紹介して」という言葉を付け加えましょう。

そうすることで、相手に「あなたには興味がありません」ということを遠まわしに伝えることができます。

 

「彼氏だったらいいなって人ならいるんだけど・・・」

意味深なセリフで、相手を意識させることができる回答です。

この返し方なら、“恋をしている女性”を演じることができ、相手からしても魅力的に見えます。

言われた相手は「その相手って誰なんだろう」と気になりますし、あなたのことを意識させる機会にもなるでしょう。

 

「彼氏いたらあなたと連絡とれないよ」

あまり冷たすぎる言い方ではなく、冗談交じりに軽い感じで言うのがポイントです。

「彼氏ができたら連絡とれなくなっちゃうよ」というようなニュアンスで答えるのも良いでしょう。

このような遠まわしで分かりづらい返し方であれば、「どういう意味だろう」と考えさせることができます。

考えれば考えるほど、相手はあなたのことを好きになるでしょう。

 

「なんで?」

言い方によって、好きな相手にもどうでもいい相手にも使える返し方です。

冷たい態度で言えば、「え・・・ただ軽い気持ちで聞いただけなのに、何かごめん。」となりますし、

少しミステリアスな雰囲気で言えば、「え?なになに?どっちなの?」と興味をそそられる返し方になるでしょう。

「彼氏いないの?」という質問を、軽く終わらせないのが小悪魔チックなテクニックです。

 

「どれぐらい彼氏いないの?」パターンの答え方

「彼氏いないの?」という会話の流れから、「どれくらい彼氏いないの?」と聞かれるときがあるでしょう。

彼氏いない歴を正直に答えてしまう方が多いかと思いますが、実は答え方によって、この先その相手との関係がどう進んでいくかが決まってきます。

では、具体的にどのような返し方をすればいいのでしょうか?

 

「半年くらい前からいないよ」

ポイントは、“半年”というワードです。

1、2ヶ月の場合だとまだ元カレの残像が見えますし、1年以上と長い間彼氏がいないとなると「あまりモテないのかな」と思われてしまいます。

その点、半年という数字は、いやらしくなく同時にさりげないモテアピールができるのでおすすめです。

 

「別れたばかり」

あえて具体的な数字は言わず、濁らした言い方でその場を回避するというのもおすすめの返し方です。

「別れたばかり」という答え方であれば、「今が一番寂しいのかも、俺が支えてあげなきゃ」と思ってもらえます。

具体的な数字をあえて明かさないことによって、相手には悪い印象を与えません。

また、こういった濁らした返し方をすることで、「あまり触れない方が良いのかな」と気を遣ってもらいやすくなるのもポイントです。

おそらく相手もこれ以上しつこく聞いてくることはないので、この話題から早く回避したいという場合に使ってみてください。

 

「2、3年片思いしてて、彼氏はしばらくいない」

長年彼氏がいない場合は、「片思い歴が長くてしばらくいない」という返し方がいいでしょう。

数年片思いをしていたと言うと、周りに悪い印象を与えず、逆に好感を持たれます。

その一言で一途な女性であることもアピールできるので、おすすめの答え方です。

 

「実は○年いない」

正直に彼氏いない歴を答えるのもひとつの方法です。

例えば、「どのくらい彼氏いないの?」と聞かれたタイミングが飲み会や合コンだった場合は、特に正直に答えた方が良いでしょう。

下手に嘘をついてしまうと、真実を知っている友人などから「え?○年じゃないの?」と突っ込まれてしまうこともあります。

彼氏いない歴を話しても減るものではありませんし、正直に答えた方が意外とスッキリするものです。

-恋愛コラム

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.