恋愛コラム

【キスフレがほしい!】わたしが作り方を1から教えるよ。メリットや注意点も

「キスだけしてくれる気軽な相手がほしい!」

と肉体関係はもたずに、友だちぐらいの感じでキスしてくれる関係性を望んでいる人も多いです。

今回、キスフレをつくったことがあるわしたが、1から作り方や注意点などをまとめました。

 

キスフレの定義を知ろう!

そもそも「キスフレ」の定義とは何なのでしょうか。

 

30秒でわかる!キスフレとは?

キスフレとは、「キスフレンド」の略で、「キスだけをする関係性の男女」を指します。

セフレは「セックスフレンド」の略で、セックスをするだけの関係性の男女のことを言いますが、キスフレは“キスをするのがメイン”の関係です。

あくまでも“フレンド”であるため、恋人や配偶者がいる場合でも干渉はしません。

ほかにも添い寝だけの関係の「ソフレ」。彼氏のふりをするカモフラージュ彼氏、略して「カモフレ」。ハグだけの関係の「ハグフレ」などもあります、、。

 

本当にキスだけなの?

キスをするとそれ以上のことをしたくならないの?本当にキスだけ?

と疑問に思う方もいるかもしれませんが、キスフレは本当にキスだけの関係になります。

それ以上のこともそれ以下のこともせず、キスをして抱き合うことでお互いの隙間を埋めていくのです。

キスフレがセックスをしたら、キスフレと言う関係ではなくなり、セフレに変わります。

いわゆる友達以上恋人未満の関係です。

 

キスフレと恋人との違いは?

キスをするような関係なら、一般的な恋人同士なのではないか・・・と思ってしまう方も多いはず。

しかし、キスフレは恋人とは別です。

恋人は身体も心も繋がっていますが、キスフレは人肌が恋しいときや寂しいときにキスをするだけの関係性であり、心の繋がりはありません。

心理としてセフレと同じように、割り切った関係をのぞんでいます。

 

キスフレの作り方を1から教える

「キスフレがほしい!」という願望がある方も多いかもしれません。

ここからは、キスフレの作り方を1から伝授していきます。

 

マッチングアプリなどで出会いを探す

まずは、出会いを探すところからはじめます。

合コンや街コンなどの出会いの場へ行くという方法でも良いですが、できればマッチングアプリを使った方がいいでしょう。

なぜなら、合コンや街コンの場合は、恋人探しやセフレ探しをしている人の方が多く、キスフレ募集をしている人はあまりいないからです。

マッチングアプリであれば、あらかじめプロフィールなどに「キスフレ募集中」だと記載ができます。

そうすることで、同じようにキスフレを探している人とのマッチングが期待できるのです。

特に簡単にキスフレができるのが、完全リニューアルされた「ハッピーメール」です。

昔は業者もちらほらいましたが、今は徹底排除され男女ともに遊び相手を簡単に探せます。

>>ハッピーメール無料アプリはこちら

 

キスフレ募集も435件ヒットしているので、すぐにお相手を見つけられるでしょう。

 

友達や身近な人をキスフレにするのはNG

友達や身近な人とキスフレになろうと考えている人は、やめておいたほうが良いでしょう。

今まで仲良くしていた友人をキスフレにしてしまうと、それまでの友人関係が崩れてしまうリスクがあります。

キスフレは、まだ世間では理解がされていない関係性です。

身近な人とそういった関係性になってしまうと、嫌な噂が広がってしまう可能性も高いでしょう。

 

仲良くなり、お互いが望む関係性を理解する

候補となる人と出会うことができたら、まずはその人と仲良くなりましょう。

やはりキスフレは、普通の恋人やセフレとは違った関係性になります。

そのため、しっかり仲良くなった上で、相手もキスフレという関係を望んでいるのか、関係を始める前に確認し合っておくことは非常に大切です。

  • キスだけの関係
  • 身体の関係は持たない
  • 心の繋がりも作らない

など、お互いにルールを決めてキスフレという関係を始めましょう。

これは、これからの関係を長続きさせる秘訣でもあります。

 

キスフレがほしい人に注意してほしいこと

キスフレは、恋人やセフレとは全く違った関係性になるため、長続きさせるためには5つの注意点が必要になります。

 

適度な距離感を保つ

キスフレは、キスやハグが気軽にできる関係性であり、肉体関係や心の繋がりは持たないことが前提です。

上手く関係を続けていくためには、必ず適度な距離感を保ちましょう。

距離があまりに近くなってしまうと、どちらか一方が肉体関係を持ちたくなったり、心の繋がりを求めたりしてしまい、関係が崩れてしまいます。

  • 合う頻度を多くしすぎない
  • プライベートには干渉しない
  • 連絡の頻度もほどほどに

適度な距離感を保つためには上記の3つを徹底して守ってください。

また、あくまでも自分の中ではキスフレであり、友達関係の延長線上です。

恋人には理解されづらい関係性であることは把握しておきましょう。

なので自分の恋人を大切に思うなら、ばれないようにしておくのが優しさです。

もしも罪悪感が生まれるのであればキスフレは作らない方がいいかも知れません。

 

ホテルや車など密室空間は避ける

ホテルや車など、ふたりきりになれて尚且つ密室の空間はできるだけ避けましょう。

仮にどちらかに気持ちがあると、キスだけでは止められなくなり、キス以上の肉体関係を持ってしまう危険性があります。

お互いに「セフレという関係に移行したい」という気持ちがあるのなら問題ありませんが、どちらか一方の気持ちだけ大きくなってしまうと、この関係性は崩れてしまうでしょう。

それを防ぐためにも、ホテルや車などの密室で会うのは最初から避ける方が最適です。

 

濃厚なディープキスは避ける

一口にキスと言っても、フレンチキスやディープキスなどいろいろな種類があります。

キスフレの関係性を上手に保ちたい場合は、ディープキスをするのは絶対にNG。

なぜなら、濃厚なキスは気持ちが高まりやすく、セックスへと進んでしまうリスクが高くなるからです。

人肌が恋しくなったときや寂しい気持ちを埋めたいだけの“癒し”を求めるだけなら、ディープキスをして性欲を盛り上げる必要はありません。

不本意な関係にならないよう、できればフレンチキスで終われるようにしましょう。

 

キスをするときは身体に触れたり密着したりしない

上手なキスフレの関係性を続けていくなら、キス以上の盛り上げを避ける必要があります。

キスをする際に、相手の身体に触れたり密着させたりすると、ついついそれ以上を求めたくなってしまうでしょう。

特に男性は、気持ちはなくても身体の触れ合いを感じてしまうだけで、性的な興奮を感じてしまいやすい生き物です。

「キスフレはあくまでもキスだけの関係」このルールを忘れてはいけません。

キスをするときは、身体への密着を避けて軽いハグくらいにとどめておきましょう。

 

キスフレに恋人がいるかを事前確認

後々のトラブルを避けるためにも、キスフレに恋人がいるか事前確認はしておきましょう。

当人同士は「キスをするだけの友達」と思っていますが、これはなかなか理解されにくい関係です。

恋人にばれた時、こじれる可能性があります。

そのためにも、キスフレに恋人がいる場合は前述したとおり慎重に距離感を保つ必要があります。

 

どちらかが好きになったら関係性を終わらせる

二人のどちらかが相手に恋愛感情を持ってしまった場合、キスフレの関係でいることは難しいでしょう。

「キスだけでは満足できない」という本心を隠し辛い思いをしながら関係を続けていくのもよくありません。

もし、相手のことを好きになってしまった場合は、思い切って本心を打ち明けましょう。

キスフレから恋人になったりセフレになったりするケースは実際にあります。

期待しすぎるのもよくありませんが、もしかすると相手も同じ気持ちかもしれません。

本心を伝えてキスフレの関係性が終了してしまう可能性もありますが、どちらにせよ、上手くいかない関係なのですから、傷が浅いうちに別れた方が良いのです。

 

キスフレほしい人に知ってほしいメリット

なぜ、キスフレという関係性を選ぶのか。

キスフレには、どのようなメリットがあるのか。

その疑問にお答えしていきます。

 

癒し効果がある

キスフレに求めるものといえば、やはり“癒し”でしょう。

恋人がいなくて寂しい気持ちはもちろん、恋人がいても構って貰えなくて辛い気持ちなど・・・

さまざまな気持ちを癒すことができるのです。

キスをすることで「オキシトシン」「エンドルフィン」というホルモンが分泌され、ストレス指数が低下するということも分かっています。

(出典:zakzakby夕刊フジ)

 

ライトな関係で面倒くさくない

恋人と長年一緒にいると、どうしても「別の人とも関係を持ってみたい」と思ってしまうもの。

甘えかもしれませんが、キスフレは“友達”という名目でキスをしたり抱き合ったりすることができる関係です。

セフレや不倫などの関係に比べてライトで楽なので、あとあと面倒なことも起きません。

「そのような欲を発散したいけど恋人同士になるのは面倒だ」という考えの方にも、キスフレがピッタリなのです。

 

自己肯定感を高めることができる

キスをしたり、抱き締め合ったり、お互いを必要とする相手がいることで自己肯定感を高めることができるのも、キスフレのメリットと言えるでしょう。

相手が自分を、

  • 必要としてくれている
  • 認めてくれている

と感じることで、自分の自身へと繋がっていきます。

 

病気や妊娠などのリスクがない

恋愛関係やセフレになり身体の関係が生じると、病気や妊娠などのリスクが高くなります。

しかし、キスをしたり抱き合ったりするライトな関係であれば、こういった心配をする必要はありません。

 

一人の時間も十分に楽しめる

趣味や仕事などプライベートを充実させたいと思うと、恋人と言う存在が邪魔になってしまうことがあります。

恋人は、セフレやキスフレとは違い、さまざまな責任を抱える必要があるからです。

一人の時間を楽しみたいと思っていても、恋人がいるとデートをしたり、連絡を返したりしなければいけません。

ただ、キスフレはそんな面倒なことをする必要がないのです。

ふと寂しくなったとき、ストレスが溜まってしまったとき、嫌な気持ちになったとき・・・

そんなときにキスフレがいるととても楽です。

恋人という存在ではなくても、キスや抱き合うなどの行為ができるのはメリットのひとつでしょう。

 

キスフレは性病の心配が一切ない

さいごにキスフレは、キスをするだけなので当然ながら性病の心配がありません。

またキスは好きだけどセックスは好きじゃないという人も多いと思いますので、セックスの心配がなく好きなことだけを出来るのはキスフレの良い点です。

セフレと違い、簡単に関係をつくれるのでまだいない方はぜひ見つけてみてください。

-恋愛コラム

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.