好きな女性がいる方へ

【彼女がうざい時の対処法5選】パターン別ですぐに実践できる方法を解説

「しつこくて彼女うざいなぁ・・」

と感じている男性も多いのではないでしょうか。

好きだけど、彼女が依存しすぎて重かったり、距離感を感じますよね。

今回、実際に試して効果のあったうざい時の対処法をパターン別でご紹介します。

 

彼女がうざいと思う男性割合

  • うざい・・57.3%
  • うざくない・・42.7

※編集部調査:男性200名を「ランサーズ」にてアンケートを実施
質問要項:「彼女をうざいと思っている?理由と併せて回答」

彼女がいる男性に、彼女をうざいと思うか調査したところ、半数以上の男性が「うざい」と回答しました。

女性が見るとショックを受ける結果かもしれませんが、「うざい」と答えた男性にも言い分があります。

 

「うざい」と回答した男性の意見

(31歳・会社員)

LINEを返すのが遅いと怒られる。仕事中は頻繁に返せないし、遊んでいるときはスマホなんて見ないから、少しは我慢してほしい。

一緒にいるときは、他の女の子を見たと怒られるし、LINEが鳴ると誰からのLINEか教えないといけない。嫉妬がすごくて疲れる。

 

(20歳・大学生)

サークルの飲み会に行くの禁止。

バイトで女子と話すの禁止。どこで何してるか逐一報告。とにかく重いスマホも勝手に見られるし、束縛されすぎて自由がない。

別れたいと思う時もあるけど、彼女と話していて楽しいし、悪い子ではないから、束縛さえ収まってくれればと思う。

 

「うざくない」と回答した男性の回答

(28歳・会社員)

彼女は、僕のことを分かってくれているよき理解者。仕事が忙しくて彼女との時間があまり作れなくても、まずは僕の体のことを気遣ってくれる。

愛情が伝わるから、彼女を大切にしたいし、彼女のためにも仕事を頑張れる。

 

(34歳・自営業)

お互いに夢や目標があって、刺激しあえる関係。学生の頃から付き合っているが、一緒にいても飽きないし、うざいと思ったことがない。

尊敬しあえる関係だと思っている。干渉しすぎないのがいいのかもしれない。

 

彼女がうざい時の対処法パターン別5選

彼女がうざいと感じた時には、どのような方法で対処すればまるく収まるのでしょうか。

うざい行動をしてしまう彼女には、理由があります。

その心理についても触れながら、彼女がうざいと思ってしまった時の対処法をパターン別にご紹介します。

 

毎日のLINEがうざいときの対処法

彼女から毎日送られてくるLINE。

コミュニケーションを取りたいのは分かるけど、「何してるの?」「どこにいるの?」と何度も送られてくると重いですよね。

また、意味不明なスタンプや、返信する必要のない内容が送られてきても、何を返せばいいか分からない。

既読スルーや返事が遅いことについて怒られたりすると、余計にめんどくさく感じてしまいます。

そんな時は、深く考えず適当にスタンプを送っておくと良いでしょう。

一応返信はしているし、無視していることにはなりません。

LINEを毎日送る彼女は、繋がっているという安心感を得たいだけなのです。

最初から登録されているスタンプもありますし、当たり障りのないものを送っておけば問題ないです。

またLINEを既読にしない方法もおすすめです。

最初の何文字かは、トーク画面を開かなくても読むことができるため、緊急性のない内容であれば、未読のまま置いておきましょう。

何か聞かれても、仕事で忙しいことや、疲れてすぐに寝てしまうことを言い訳にすれば良いのです。

 

彼女が嫉妬しすぎてうざい場合

職場の女性にヤキモチを焼かれても、どうすることもできません。

女性と2人で出かけない、飲み会の時の門限は〇〇時まで、二次会はどこに誰と行くか必ず連絡する、と行動を制限されても困ってしまいます。

中には、母親や姉妹、芸能人に嫉妬する彼女もいて、ここまでくるとうんざりです。

嫉妬心の強さは、自信の無さの現れといわれています。

彼氏が他の人を好きになってしまうのではないかと思い、心配になるのです。

なので、嫉妬する彼女には、愛情表現を多くして安心感を与えてあげるのがおすすめです。

「好きだよ」「大切な存在だよ」とストレートに言葉で伝え、彼女との時間を作るようにしてください。

愛されているという自信を持ってもらえれば、少しのことでは嫉妬されなくなるでしょう。


泣き虫な彼女への対処法

ケンカになるとすぐに泣く彼女。泣いても問題は何も解決しないし、大人なんだから勘弁してほしいと思う方も多いと思います。

泣き虫の女性は、次のような心理があるといわれています。

  • 感情の起伏が激しい
  • 生理やストレスの影響で情緒不安定になる
  • 自分が一番好きなので、辛い状態の自分に耐えられない
  • 泣くことで彼氏に構ってもらえると思っている
  • 過去の恋愛のトラウマによるマイナス思考
  • 可哀想な自分をアピールしたい
  • 自己嫌悪に陥り自分を責めてしまう

以上にあげた心理からも分かるように、泣き虫の彼女は、まず安心させてあげることで大切です。

具体的には、次の3つの方法で対処できます。

・傍にいて黙って話を聞く

・頭を撫でてあげたり、抱きしめてあげる

・優しい言葉をかけてあげる

面倒くさいと思うかもしれませんし、問題は何も解決していません。

しかし、感情的になっている彼女に何を言っても、状況が良くなることはないでしょう。

彼女と話しをしたいのであれば、彼女が泣き止み、落ち着いた状態で話し合いを始めることをおすすめします。

 

 心配性でうざい・重い時の対処法

好きだからこそ心配してしまうのは分かります。

しかし、1日のスケジュールを聞かれたり、電話がかかってくると何の用件の電話だったのかとしつこく言われたり、放っておいてほしくなるもの。。

心配性の彼女は、彼氏の全てを知ることで安心したいと考えています。

不安で仕方がないから質問してくるわけなので、深く考えず、質問に対して丁寧に答えておけば問題ないです。

もし心配性を改善させたいのであれば、彼女からの質問に対して120%の回答をし、聞かれる前にこちらから報告することを徹底してください。

例えば、どこかに行く時は先に場所を伝える、状況が分かる写真や動画を送る、などです。

そこまで聞いてないんだけどなと彼女が思うようになれば、根掘り葉掘り質問されることもなくなるでしょう。


甘えん坊・ベタベタが嫌な場合

彼女に甘えられるのは男性として嬉しいものですが、空気を読めない行動にはげんなりしてしまう方も多いと思います。

二人きりの時に可愛く甘えられるのは良いですが、公衆の場でイチャイチャするのを強要されたり、SNSに写真を投稿するのはやめてほしい。

また、可愛いわがままなら許せますが、度が過ぎるとうざくなります。

平気でしてくる彼女には、はっきりと嫌だと思っていることを伝えましょう。

彼女は、悪気があってこれらの行動をしているのではありません。

彼氏のことが大好きで、周りが見えなくなっているだけなのです。

だからこそ冷静を取り戻してあげるためにも、ストレートに伝えてあげるようにしましょう。

 

余計なおせっかいをしてくる場合

家事をしてくれるのは嬉しいですが、頼んでもいないのに家に来て掃除をするのはやめてほしいという男性も多いのではないでしょうか。

洗濯、料理、掃除など、何でもしてくれるから楽だなと初めは思っていても、彼女というより母親のように見えてくるといったこともあります。

小言まで言われるようになれば、うざいと思う気持ちが増える一方です。

彼女は、喜んでもらいたいという気持ちでおせっかいをしています。

良かれと思っておせっかいを焼いているので、「そこまでしないで大丈夫だよ」と傷つけないように優しく伝えてあげましょう。

もしくは「母親みたいだからやめて〜」と軽くいってみるのもあり。

女性は、彼氏から母親のように見られるこを嫌がるので、効果が期待できるフレーズです。

 

彼女がうざいから別れたい!と思う前に。

彼女のうざさに耐えられず別れたいという方は、一度冷静になってみましょう。

2人の関係を終わらせるのは、いつでもできることです。

彼女を失うことを少しでも寂しいと思う気持ちがあるのであれば、後悔しないためにも彼女との関係が良くなる方法を考えましょう。

とにかくすぐにうざい彼女を直したいなら下記2つを実践してみてください。

  • 嫌なことをストレートに伝える
  • 距離をおいて彼女の依存度を抑える

曖昧なことをいわず、嫌な部分を直接伝えることで彼女も反省してくれます。

喧嘩になる可能性もありますが、喧嘩がきっかけで以前よりも仲良くなることもあります。

また距離をおいて、彼女の依存度をおさえるのも一つの手です。

 

さいごに

彼女がうざいときの対処法や心理について解説しました。

本記事を参考に彼女との関係が良くなることを願います。

ただ、最悪別れるという手段を選んだ場合、あらかじめ新しいパートナーをみつけておくことも重要です。

そもそも好きという感情が薄れていたら、無理に関係を続ける必要もないでしょう。

編集部がリリースされているアプリ全てを調査し、男性無料でも出会えるアプリを下記にまとめました。

>>【無課金マッチングアプリ】ガチで"男性無料"の出会いアプリ5選

 

無料でつかえるので、まだの方は使ってみましょう。

-好きな女性がいる方へ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.