マッチングアプリ

【ママ活やり方】おすすめアプリ5選!募集・コツ・相場を総まとめ

更新日:

「ママ活があったらいいな〜」

と思っている男性も世の中には多いはず、、。

女性とご飯食べるだけで収入を得られるなら最高ですよね。

今回、実際にママ活をしたことがある男性の取材を元にやり方やコツ、相場などを解説します。

 

ママ活とは?やり方は?

そもそもママ活とはどういったものでしょうか。

女性が男性にお手当(お小遣い)を渡して、精神的な癒しを与える活動になります。

ママ活アプリに登録→ママとデート→お金ゲット!

といった流れになります。

 

パパ活の逆バージョン

簡単にいうとパパ活の逆バージョンといった形になります。

ただし、異性に求めているモノが異なるので注意しましょう。

男性は肉体的な快楽を求めがちですが、女性は悩みや愚痴、一緒いて癒される相手を選びます。

後述しますが、アプリ選びやママを作るコツを知っておきましょう。

ちなみにパパ活アプリについては下記でご紹介しています。

【2018年】パパ活アプリ人気ランキング!安全に使えるおすすめ8選

 

ママ活に適したアプリを検証!

2018年10月現在、残念ながらママ活専用アプリはリリースされていません。

したがって下記の条件を参考にしてアプリ選びする必要があります。

・女性比率が高い

・会員の中心層が25歳以上(経済的支援ができる年齢)

・サクラなしの認可されているアプリ

上記の条件から、筆者が78個のマッチングアプリからママ活に適したアプリを厳選しました。

特にラブサーチとわくわくがおすすめ。

 

ラブサーチ

ラブサーチの特徴

すぐにママを見つけたい人向け!

会員数NO.1のアプリ!

全面リニューアルし大人の掲示板が充実!

運営歴17年のアプリで出会い率は88.9%の実績を誇っています。

若い人や大学生、マダムたちも多く登録しています。

今回、ママ活で取材したお相手もラブサーチでした。

また、他社よりも知名度が低いため競争率が低く穴場アプリです。

以前まではアダルト要素が強く、敬遠する方が多かったですが去年、全面リニューアル。

誰でも気軽に使えるようになり、大人のコミュニティでは欲求不満な女性が登録しています。

ママ活初心者でもすぐに見つけられるアプリになっています。

 

わくわく

わくわくの特徴

毎日1600人が登録!

最大3100円分のポイントが手に入る!

豊富なコミュニティ機能!

マッチング実績が1000万人を超えるアプリわくわく。

アプリの年齢層は20代〜30代で、新規の会員登録数は毎日1600人が登録しています。

コミュニティから見つけていくのが基本スタイルになるため、ママと仲良くなりやすいでしょう。

キーワードでママ活と検索するほかに「体だけの関係」「飲み友関係」からアプローチすることも可能です。

 

Jメール

Jメールの特徴

年齢中心層が高い!27〜35歳

他社よりもライバルが少ない!

業界最多の26項目の検索機能!

 

30年以上企業が運営しているマッチングアプリ!

以前は出会い系サイトとして存在しましたが、ラブサーチと同様に改善され穴場アプリとなっています。

業界最多の26項目からお相手検索できるため、理想のママを探せるでしょう。

SNSのようなタイムライン機能とコミュニティがあり、アプローチすることができます。

 

イククル

イククルの特徴!

女性におすすめ!男性比率が多い!

体験談、日記機能が魅力的!

会員数は1000万人!

ママ活アプリではないですが、男性比率が7対3で女性に非常におすすめできます。

女性の会員層も質が高く、経済的にも成功している人が多いアプリでした。

実際に出会えた情報を共有できる体験談機能があるため、地雷(ハズレ)を引くことなくマッチングできます。

少し時間をかけてでも良いから、確実に成功させたいならイククルを使いましょう。

 

ASOBO(あそぼ)

ASOBOの特徴!

出会い×コミュニティアプリ!

ママ活利用、セフレ希望の女性がいる!

サークルや掲示板、ゲームなどに特化!

従来のマッチングアプリと大きく異なるのが、コミュニティ機能に特化している点です。

ママ活を専門としている秘密サークルやASOBOのオリジナルゲームを通して、マッチングが可能です。

他社なら発生するプロフィールやメール受信も男女ともに無料なのも良心的。

コミュニティ機能→個別チャットに移行してお相手と仲良くなるのがおすすめです。

 

ママ活アプリのコツ・やり方

具体的なママ活のしかたをお伝えいたします。

 

清潔感ある写真を載せる

アプリは写真で第一印象が決まります。

ただ、イケメンだからといって選ばれるという訳でもありません。

ママの男選びは以下4つの要素を見ています。

・顔

・地域

・学歴

・年齢

です。顔はあくまでひとつの要素にしか過ぎないので写真の撮り方、加工がポイントなります。

高学歴で現役大学生だと非常に需要が高いです。

どの要素も当てはまらないとしても、写真と地域(ママとの距離)、そしてマッチング後のメッセージで勝負しましょう

 

自己紹介欄のポイント

続いて重要なのが自己紹介になります。

男性は写真だけで瞬時にお相手を選び傾向にありますが、女性はお相手のプロフの最後までしっかり見てから選別します。

したがって、自己紹介が適当であったり内容がうすいとマッチングが難しくなります。

下記が自己紹介のポイントです。

・最低200文字

・選択項目は全て埋める

・彼女募集→友達募集

になります。

 

自己紹介にママ募集を記載しない

ママ活募集で失敗する人の多くが、自己紹介にママ募集と記載してしまっています。

パパ募集と書いている女性と関わりたくないのと一緒で、ママ活目的でもプロフでは隠しておきましょう。

また、アカウントが凍結されるリスクもあります。

友達探しや飲み友探していると記載するのがオススメです。

 

精神的なフォローを忘れないこと

ママ活において精神的なフォローやサポートが第一です。

そもそもママをしている女性の多くが、欲求不満なのです。

寂しい気持ちや年増したオバさんになると、若い人や男は振り向いてくれません。

前半でもお伝えしたように精神的な癒しが必要なため、聞き手になって愚痴や相談にしっかり乗りましょう。

 

ママ活の相場や条件は?

一回のママ活でどれぐらい稼げるか気になりますよね。。

相場や条件をまとめました。

 

食事のみなら3000円〜5000円

ママとの食事のみのデートなら3000円〜5000円ほどになります。

ご飯代+料金をいただけます。

残念ながら女性のパパ活よりは相場が低くなる傾向にあり、おこずかい程度の金額。

ただし、お相手がかなりのマダムだった場合は食事で数万円ゲットできることもあります。

 

1日デートで1万円〜2万円

ママの休日デートに丸一日お付き合いした場合は1万〜2万円前後が相場です。

お買い物であったり、映画デート、ドライブなどをします。

中には留守番やペットの世話を頼まれることもあります

 

エッチは成り行き、お金は10万〜も!

女性は知らない男と急にセックスしたいと思う生き物ではありません。

ママ活したい男が誤解しがちですが、いきなりエッチして大金は稼げないので気をつけましょう。

雰囲気やシチュエーション、男性の魅力がわかったときに体を許します。

したがってエッチは成り行きになるケースが多いですが、行き着くことができれば10万〜以上稼ぐことも。

大金を稼ぎたい男はママに「この男に抱かれたい」と思わせることが大事です。

 

他にママ活のやり方や募集方法はある?

アプリ以外でママ活のやり方や募集方法があるか、気になる方もいるのではないでしょうか。

稀なケースですが、、

・逆ナンパ

・SNS

でママと出会うこともあります。

 

逆ナンパに期待する

現実味がない逆ナンパですが、容姿端麗で清潔感がある格好をすれば出会う可能性もあります。

筆者の友人は東京の代官山のカフェで、逆ナンパされた経験がある人もいました。

確率的にはアプリより断然に悪いですが。逆ナンパ経験がある方は都会に行ってみるのもありかもしれません。

 

SNSから仲良くなってみる

最近では若い人のみならず、30代40代もSNSをする利用する人が増えています。

大金を持っているマダム達も、TwitterやFacebookを使っている傾向にあります。

魅力的なツイートや投稿をしたり、ママとの共通点を探して仲良くなってみるのもひとつの手です。

【Twitterで出会いを作るコツ】付き合う事は可能?トラブルはない?

 

ママ活募集掲示板はまったく使えない

「ママ活募集掲示板」と呼ばれる匿名で書き込みができLINEのIDを公開できるものが、いくつか存在します。

が、はっきりいってまったく使えないです。

前述したとおり女性は肉体的な快楽を求めていないため、顔やお相手のことが分からない人と出会いたいと思いません。

逆の立場で、女性が書き込んでたら男が大量に連絡しますが、、、。

掲示板の書き込み件数は「7318件」とあり、競合が多すぎるのもデメリット↓

似たような内容ばかりで、連絡くる人はくじ引きで当たるぐらいの確率でしょう。

 

ママ活アプリで稼ぎまくろう!

ママ活アプリについて解説しました。

パパ活と比較して、まだまだ世間に浸透していませんが、だからこそチャンスです。

筆者はパパ活初期から見ていますが、女性ライバルが増えて厳しくなっているのが現状。

今後間違いなくママ活は有名になると思うので、今のうちに稼ぎまくりましょう。

いますぐママ活したいなら・・↓

【ラブサーチの評判】アプリの口コミは?本当に出会いはあるの?

 

-マッチングアプリ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.