マッチングアプリ

【パパ活でドタキャン!】対策方法は?手口・男の特徴まで完全解説

更新日:

「パパ活していたらドタキャンされた・・」

「返信がこない・・」

こんな経験一度はあるのではないでしょうか。

時間を返してほしい・・と感じますよね。。

今回、実際に効果があったパパ活でドタキャンする男の理由と対策法について解説します。

 

パパ活でドタキャンする理由

ドタキャンする人の心理。理由についてをまとめました。

 

めんどくさくなった

一番多いのが、会うのがめんどくさくなるパターンです。

男性限らず女性にも当てはまりますが、アプリを通した出会いは信頼関係が薄く、優先順位が落ちやすいです。

結果的にめんどうになって、音信不通・ドタキャンへとなります。

 

冷やかし

精神年齢の低い男性がやりがちな行為になります。

何とかなるアプリに登録して、デートの約束までしたものの元から会う気がなく音信不通になります。

"パパ活"という言葉自体が目新しいため、試しに登録した男性が冷やかし行為をする傾向です。

 

思っている人と違った

最近、パパ活増えているのが、当日に顔を確認してからドタキャンするパターン。

お相手を目視したらそのまま素通りした後、LINEやメッセージで言い訳してキャンセルする行為です。

写真と会ったときのギャップでドタキャンされます。

 

ほかの女の子の約束が入った

パパもいろんな女性にアプローチをしています。

その中で最初に約束した女性よりも、後に約束できた女の子の方が可愛いければ優先されてドタキャンされます。

他の理由を伝えてキャンセルしたり、音信不通になったりします。

 

忘れていた・トラブル

人間である以上忘れる生き物。

特にアプリだと複数の人と約束を取り付けるため、スケジュールにメモし忘れたりする人がいます。

非常に稀なケースですが当日にパパが仕事関係や何かしらのトラブルで、ドタキャンになってしまう場合もあります。

 

パパ活ドタキャン対策

残念ながら、適当にパパ活をしているとドタキャンする男と出会ってしまいます。

パパ活ドタキャン対策をお伝えいたします。

 

前日に連絡をする

当日ドタキャンを避ける一番の方法は、顔合わせ前日に連絡をすることです。

通常は男性からきますが、パパ活の場合は女性からLINEもしくは、メッセージをしてあげるとキャンセル防止になります。

また、以下のように提案をすれうば別日でパパを確保できます。

「もし厳しいようでしたら、別日でも構いませんのでよろしくお願いします」

ドタキャンで予定変更になっても、金額によってはパパに合わせると良いでしょう。

 

デート・顔合わせを遠い日にしない

パパ活をしていると、"いかに効率を稼ぐか"に尽きると思います。

したがってパパとのデートで予定が多くなり、顔合わせが遠い日になってしまいがちです。

出会いアプリ系の統計によると、2週間以上の約束はキャンセル率が30%という結果になりました。

新規のパパと約束する際は、1週間〜2週間以内に顔合わせをするのがオススメ。

 

数日前からメッセージでやりとりする

狙い目のパパやお手当代が高い場合は、顔合わせ日の数日前からメッセージをして信頼関係を構築しましょう。

メッセージを重ねることで、ドタキャン率を限りなく0にできる上に継続パパになりやすいです。

結構面倒に感じますが、リターンが大きいため人選してやり取りしましょう。

 

プロフィールが充実しているパパを選ぶ

良質なパパはプロフィールをしっかり埋めて信用度を上げようとします。

またアプリでは年収証明や追加オプションで特別なアイコンが表示されるため、これらもひとつの判断材料となるでしょう。

メッセージ内容もマナーのある紳士的な内容でもあります。

挨拶なしでいきなりお手当代や条件を聞いてくる人、初回メッセでタメ口などは地雷なので避けましょう。

 

お相手のログイン状態を確認

日が決まった数日前ほどパパのログイン状態を確認してみてください。

オンラインや1日以内、3日以内であればOK。

しかし、1週間以上の場合は、冷やかしで登録しているパパである可能性が高いので要チェックです。

ただし、プロフを見にいくと足あとがつくので気をつけましょう。

 

ドタキャンする男の特徴・手口

アプリでドタキャン率が高い男性の特徴や手口をまとめました。

 

返信が遅い

マッチング後やり取りを開始して、連絡が3日以上空く場合は警戒しましょう。

返信が遅いのは、ドタキャンされる確率が極めて高くなります。

お手当代がいくら高くても、返信が遅いようであればこちらからキャンセルすると良いです。

 

当日まで連絡なし

前半でも触れましたが前日もしくは当日の数時間前には、男性から確認の連絡があるのが一般的です。

質の高いパパほど、女性想いです。

当日までに連絡がない場合はドタキャンされないとしても微妙なお相手である場合があります。

 

予定を何度も変更してくる

顔合わせする日を決めたあとに、予定の変更があった経験がある女性も多いと思います。

前日や2日前などに変更があると、少しばかり迷惑に感じますよね。

一度ぐらいなら要求に応じてもアリですが、何度も変えてくるパパはドタキャンリスクがあります。

 

お手当なしで会おうとする

パパ活やる男性が増えてから、お手当なしで会おうとする人が増えています。

ただ、お手当なしは基本地雷なので避けましょう。

普通の出会い系アプリとして利用していたり、お金を持っていないため時間の無駄になりやすいです。

お手当アリを大前提に考えましょう。

 

若いパパは避ける

20代前半〜の若い男性の登録も増えてきてますが、ドタキャン率が高いため要注意です。

またマナーが無かったり、タダでヤりたいと考えている男性多い傾向です。

もちろん一概には言えませんが、若くても紳士的な姿勢な人である男性ならドタキャンされません。

 

複数のパパ活アプリで回避しよう!

パパ活のドタキャン理由と対策について解説しました。

100%回避することは不可能ですが、しっかり人選をしていけば被害にあう確率を減らせるでしょう。

また、男性会員の質の高いアプリを利用したり、複数のアプリで数をこなすことも重要となってきます。

下記では筆者がパパ活アプリを比較・徹底検証したランキングを掲載しています。

>>【2018年】パパ活アプリ人気ランキング!安全に使えるおすすめ8選

女性は全ての機能が無料なので、複数のアプリ使ってガンガン稼ぎましょう!

-マッチングアプリ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.