マッチングアプリ

【いきなりデートの評判】審査の基準は?運営会社は?感想まとめ!

更新日:

ハイスペックな男女と出会える?!

「いきなりデート」というマッチングアプリ、、、

気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回、78個のアプリを検証してきた筆者が「いきなりデート」の特徴や審査基準、実際に使ってみた感想を解説します。

 

いきなりデートの特徴は?

公式サイトによると「いきなりデート」は下記のような流れとなっています。

アプリから審査申請

審査通過後、空いてる日時を指定

自動的にマッチング

当日会社が予約したお店に向かう

↓下記画像のように空いてる日時を指定していきます。

 

↓デートできるお相手と自動マッチングし、名前・職業・学歴で判断しデートの有無を回答する形になります。

※参考画像

あとは当日指定されたレストランでデートする流れです。

そのほか従来のマッチングアプリとの違いや、「いきなりデート」の大きな特徴をまとめました。

 

ハイスペックな男女しか登録できない

後ほど、詳しく解説しますが「いきなりデート」に入会するのには、高ステータスでなければいけません。

学歴や職歴、フェイスブックのアカウント情報などを運営会社が一人一人審査をしています。

※審査基準について後半で解説

 

即日デートができる

厳しい審査を超えたら、あとはデートができる日時を入力をするだけで、システムが自動的に相性の良いパートナーをマッチングしてくれます。

ただし、女性を選ぶことができず直接会うまでは顔も名前も知ることができません。

事前情報として得られるのは、学歴と職業、年齢のみとなります。

 

会うまでのやりとりは一切なし

アプリの名前の通り、「いきなりデート」なのでマッチング成立後はやりとりは一切できません。

通常のマッチングアプリであれば、会う前に写真交換やメッセージのやりとりをして、事前にお相手と仲良くなるものです。

しかし「いきなりデート」は会ってからがスタート!

「メッセージから少しずつ仲良くなりたい・・」といった人には向いていないアプリでしょう。

 

2018年1月 「デート当日メッセージ」機能搭載!

これまで「いきなりデート」では直接会うまでは一切のメッセージができませんでした。

2018年1月にデート当日の開始30分間だけお相手の方とメッセージをすることが可能になったようです。

口コミや評判を見ると、「会うまでやり取りできないのは不安・・」「ドタキャンされると迷惑!」といったことが目立ち、改善されました。

とはいっても30分限定となるので、従来通りデートがメインとなるでしょう。

 

デートはお昼のみ!お店も手配してくれる

ランチやティータイムの明るい時間帯のみのレストランデートとなり、女性にとっては安心安全です♪

全て会社側が予約をして用意をしてくれるため、特にこちらが予約手続きをする必要はありません。

お店は、EXURYというグルメメディアが監修したレストランとなっているため評判の良いお店でセッティングしてくれます。

↓こんな感じのお店を手配してくれるそうです♪

(引用元:exury.club)

 

ドタキャン防止・評価システム

当日ドタキャンやマッチング後のキャンセルをすると、ペナルティが課せられるため冷やかしや悪質なユーザーは少ないでしょう。

また、デート目的以外の人を除外するために評価システムを取り入れています。

万が一業者やマナー違反をするお相手がいたら、運営会社に通報することができます。

 

都度料金で支払う

「いきなりデート」では、月額制料金ではなく、デート回数に応じて料金が発生します。

・男性はデート1回3000円+飲食代

・女性はデート1回1500円+飲食代

となっています。

「5回プラン」を購入すると、割引が適当されます。

 

いきなりデート(福岡、名古屋、札幌)verがある!

いきなりデート地域限定verのアプリがリリースされました。

「なんで福岡、名古屋、札幌だけ?」と疑問に感じますよね。。

公式サイトでは、特に理由が表記されていません。

ただ、この3地域は全国の中でも美女が多い都道府県として有名です。

現在住んでいる人や、福岡、名古屋、札幌地域に出張する方は限定verを使ってみると良いでしょう。

 

いきなりデートの審査基準

気になる「いきなりデート」の審査基準をご紹介します。

運営会社に問い合わせたところ。合格率は5%になっているんだとか・・。

 

学歴はMARCH以上!

登録ユーザーの学歴別の割合をみてみると・・↓

MARCH、慶應、東大といった偏差値が60以上の難関校のみが登録を許されています。

男性登録者の3人に1人が慶應義塾大学、早稲田大学、東京大学の出身!

女性は慶應と早稲田だけで15%以上となっています。

 

職業は上場企業勤務or公務員

職業は上場企業に勤務している人や士業や公務員と、安定的な収入がある人限定になります。

Facebookの友達数や投稿内容もみて、「楽しそうなデートになるか」を目視でみて審査をします。

 

女性は審査がゆるい

ここまで挙げた内容は全て男性の審査基準となっていますが、女性はかなり審査がゆるいです↓

普通の女子大生やOLでも十分に突破できるラインとなっています。

Facebookの友達数も意図的に増やせるものなので、誰でも登録できるような気もします。

とはいっても、データをみると女性も学歴が高い人が多いので、低学歴の人は登録を避けるでしょう。

 

会員の中心層は25〜30歳

いきなりデートの会員74名を調査したところ、アプリの中心層は25〜30歳前後となりました。

アプリ内ではリアルタイムで学歴・年齢・性別が共有されます↓

性別別での平均年齢は・・

男性が26歳〜35歳

女性は23歳〜28歳

となります。

学生や若い子とのデート直結型アプリをやりたいなら「Dineダイン」がおすすめ。

ベストアプリ賞にも受賞している人気急上昇のアプリです。

【Dine(ダイン)口コミ評判】アプリの使い方は?デートまでの流れ!

 

いきなりデートの評判と口コミ

賛否両論がありそうな「いきなりデート」ですが、ネット上の評判や口コミをまとめました。

Twitterの声・・↓

そのほかアプリのレビューや口コミ・・・↓

男性/24歳

仕事が忙しくてなかなか出会いが無かったので、こちらのアプリに登録してみました。今のところ良さそうな女性はいません、

女性/27歳

学歴や年収の高い男性と出会えて、今では真剣にお付き合いしています。しかし、運営の対応が遅く問い合わせフォームから連絡してもすぐに返信がきません。1週間ほどで返事が帰ってきます・・

男性/30歳

個人的にはこのアプリ好きですが、実際に出会ってみるとお金目当てで接してきてる感じがしたり気持ち的に情けなく感じますね。外れの女の子来たら萎えます。

女性/22歳

3回デートしてみたのですが学歴だけでなく、容姿もみんなイケメンで最高です!笑

全体的に女性満足度の方が高そうです。

本当にいきなりデートするので、効率的に複数の人にアプローチしたい人には向いているかもしれません。

しかし、審査基準や口コミをみると登録する女性はスペックを重視している上に、価値観や趣味に重点をおいておりません。

スペックだけでマッチングしただけで、恋愛が長続きするかは微妙なところです。

 

いきなりデートの運営会社は?

斬新なアプリなだけあって、「怪しい!」「サクラとかいそう・・」と思ったりする方も多いと思います。

「いきなりデート」を運営している会社を調べてみました。

 

アイザック株式会社が運営!

運営会社はアイザック株式会社というベンチャー企業になります。

↓こちらが会社のホームページになります。

東京とサンフランシスコに会社があるとの事だったので、調べてみたのですが運営している実態が全くありませんでした。

 

↓「いきなりデート」に登録している所在地も、検索してみたら・・。

賃貸マンションの住所となっております。本当に立ち上げたばかりの企業のようです。

というより、個人規模で運営しているのでしょう。

対応が遅くなるのも納得↓

 

↓アプリ自体は、多くのメディアニュースに取り上げられていました。

ネット上の口コミもトラブルにあったような事は記載なく、使ってみても問題はなさそうです。

※インターネット異性仲介事業も届出30180032000として認可を貰っていました。

 

いきなりデートを使ってみた感想

何事も使ってみないとわからないので、実際に筆者自身も「いきなりデート」を使ってみました!

マッチング成功すると、場所や相手の名前、職業がメールで送られてきます↓

結果的ランチデートをしてきたのですが、期待以上に綺麗な方でした。

お店もしっかりとした内装でおしゃれで雰囲気も良かったです。

会話をしただけですが、コミュ力も高く一人目から"アタリ"でした♪

調子にのって二人目、三人目もデートしてみたのですが、そっちは・・・。って感じです。

というより、女性は審査ゆるいので仕方ないですが「もう少し女性も基準を厳しくしても良いのでは?」という印象。

審査通過してから初デートするまでがドキドキして、意外と楽しいですw

 

いきなりデートのデメリット

実際に試してわかった本アプリのデメリットも記載しておきます。

 

利用できるのは土日のみ

利用できるのは土日のみになるため、不定休な方や平日デートしたい方には向いていません。

「今日夜、暇だな〜」という時に利用できず、週末にデートを予約することになります。

平日や、今から気軽にご飯でも行きたい人は、2017年にリリースされたデート直結型「Dineダイン」がおすすめです。

【Dine(ダイン)口コミ評判】アプリの使い方は?デートまでの流れ!

 

キャンセルは月3回まで

デートできる日時をセットしたら、後は自動でマッチングするまで待つだけになります。

しかし、マッチング来た時点で三日以内に「回答」「キャンセル」を選択する必要があります。

さらにキャンセルできるのは月に3回までになり、以降は自動マッチした時点でデートが確定されてしまいます。

一応キャンセル回数を追加購入ができます、、↓

 

会うまで顔は公開されない

いきなりデートの最大のデメリットが顔写真は一切公開されません。

デートリクエスト時、デート確定をしても写真を見ることができないため、運要素が非常に絡んできます。

プライバシーは守られますが、顔重視の方にはオススメしません。

 

レストランが選べない

前述したとおりEXURYというグルメ専門メディアがレストランを手配してくれます。

ただし、お店を指定することができないためカフェや気軽なお店を選択できません。

高額にはなりませんが、コスパ重視でレストラン選びたい人には微妙です。

 

【結論】審査次第で試してみる価値はある

とりあえず審査だけして、通過したら試しに一回デートしてみると良いでしょう。

しかし、他のマッチングアプリと違ってスペックのみで判断されるので、

本気で恋人を探す方には向いていません。

お食事するだけなら「いきなりデート」でも問題ありませんが、下記で紹介しているアプリを使った方が"確実"に恋人を作れます↓

全78種のアプリを比較・検証調査をして、安心で人気のものだけをまとめました(^^)/

>>【無料マッチングアプリ】本当に出会える!おすすめ人気ランキング

 

もちろん無料で使えるので、まだの方は使ってみましょう!

 

 

-マッチングアプリ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.