出会いの場所

【美術館での出会い】ナンパは絶対NG?アート好きな人と出会う方法

更新日:

「美術館での出会いに憧れるなぁ・・」

「アート好きな人と出会ってみたい!」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

筆者も美術館に何度も足を運んだことがあり、「もしかしたら・・!」と感じたことがあります。

今回、美術館での出会いについて解説します。

 

美術館での出会いはある?

結論からいうと・・出会いはあります。

というのも美術館に限らず、同じアート好きであったり、同じ空間にいるだけでも仲間意識が芽生えるものです。心理学では、類似性の法則とも呼ぶのですが共通点が多いほど、親近感が不思議とわいてくるものです。

さらに美術館であれば、他人と同じ絵画や作品を一緒に見たりしますよね。「価値観が合うかもしれない・・」本能的に感じたりもするため、声をかけたところで無視をされる心配もないでしょう。

自分がきっかけを作るために、声をかけられるかが成功の鍵になってきます。

 

美術館で強引なナンパはNG!

しかし、下手なナンパ師のように強引なナンパするのは絶対に辞めましょう!

(女性→男性はOK)

以前、50代60代シニア男性向けの雑誌編集長である岸田一郎氏が「美術館ナンパ指南」といった形で週刊誌のインタビューで回答をして、SNS上の女性たちに批判をされ大炎上したのです。

岸田氏はナンパする方法として、「あらかじめ画家や作品について勉強をして教えてあげる」と紹介していたのですが、これはNGです。

美術館にきてる人はアート好きな人が多く、真剣に鑑賞しています。

そのため、勝手に相手に知識を教えようと声をかけると、マンスプレイニング(求めてない上から目線のアドバイス)に感じてしまい速攻で距離をおかれるでしょう。

50代以上のシニア層に限らず、空気を読まないで強引に声をかけるというのは迷惑行為にもなりますの気をつけてください。

ただし、美術館で女性から男性に対して、声をかける場合は例外です。

男性からすると、知らない女性から声をかけられるということが滅多になく出会いに対して貪欲だからです。

週刊誌のポストセブンが調査したデータによるとナンパ成功率は男性が18%に対して、女性はなんと74%にもなるのです。

つまり、女性はそこまで計画的に考えなくても、勇気を出して声をかけることさえできれば上手くいくしょう。

 

美術館で出会いを作る方法

では、美術館でアート好きな人と出会いのきっかけを作る方法や声かけフレーズをご紹介していきます。

 

現代アート系の美術館を選ぶ

(出典:女性現代アート作家-森美術館(六本木))

はじめに出会いを求めるなら、若者が集まる美術館を選ぶの大事です。古物や歴史系の美術館は、高齢の人が多く出会いには向いていません。

20世紀をコンセプトにした現代アートであれば、ユニークな作品やデザインが可愛いものをコンセプトにしているので若い男女が集まりやすく、雰囲気も良いです。

独自で設計した建物となっているため、おしゃれな人が来やすいのも魅力のひとつ。

東京都内の方であれば、原宿や吉祥寺、恵比寿といった場所にもあり仲良くなったあとご飯にいきやすいでしょう。

 

ギャラリートーク(ミニガイド付き)に参加する

ギャラリートーク(ミニガイド付き)というスタッフが解説をしながら、美術館を回っていくプログラムあります。

基本的には個人であらかじめ申し込む形式と、決まった時間に集合をして回る形式の二つがあり後者は出会いに繋がりやすいです。

美術館のスタッフと一緒に、エントランスや中央広場のような場所に集合して行くので、相手の警戒心もなくなります。かなり声をかけやすくなるでしょう。

「このガイドツアーに出る感じですか?」「美術館よく来られるんですね!」という形で伝えてみるのがおすすめ。

 

写真を撮ってもらう

ナンパの王道技でもあるのが、写真をとってもらうと方法です。「写真撮ってもらってもいいですか?」と声をかければ、まず無視されることはありません。

自然な形で声をかけられるので、他人に声をかけるのが苦手な人はこの方法で試してみましょう。

しかし、写真を撮ってもらったらそのままどこに行かれてしまうので、「逆に撮りましょうか」「撮るの上手ですね!一人で来たんですか?」といった感じで会話を広げる必要があります。

館内で再度会ったときには、「あっさっきの人!また会いましたねw」と言えば、初対面のときよりも、なんとなく親近感が出てきますよね。心理学では、単純接触効果と呼び、会う回数で信頼を寄せると言われています。

 

ビデオギャラリーで声をかける

美術館には、作品解説や展示会をわかりやすく説明するビデオギャラリーが設置されています。博物館や工場などでもよく設置されています。

ビデオは自動的に流れているので座りながら鑑賞するのですが、人がいたら隣に座ってナンパしてみるのも良いでしょう。

館内は静かなので声を出すのに抵抗がありますが、ビデオギャラリーであればテレビからの音があるので声をかけやすくなります。ビデオを会話のネタにしてナンパもできます。

隣に座って「あのオブジェ面白いですね!」「へぇ〜意外!!」と自然な雰囲気で話しかけてみましょう。

 

休憩ブースで声をかけてみる

美術館の休憩ブースや、食事処も声をかけるチャンスです。ここに立ち寄る人は歩き疲れていたり、友達待ちである傾向があります。

出口付近にあったり、メインフロアから離れた場所にあるので話しかけやすいでしょう。

また、鑑賞が終わっているため声をかけても迷惑がられる事もないです。無論、「一人できたの?」「暇してる感じ?」といったナンパ師のような語りかけはNGです。

「あそこのオブジェ見ました?」「1Fにあったデカイ絵画すごいですよね!」という展示会に関係あることをネタにして会話しましょう。

ナンパの切り口は「トイレわかりますか?」「ここって写真ダメなんですかね?」など良いです。

 

美術館・アート好きな人と確実に出会うなら・・

美術館の出会いと声かけ方法について解説しました。細かいテクニックや声かフレーズもご紹介しましたが、コミュ力がないとかなり難しいでしょう。

ただ、

本当に異性と出会いが欲しいなら一度冷静に考えてみましょう。

美術館で出会いを作る必要はありますでしょうか。

きっと、ほかに出会い方が分からなかったり、単純に美術館でのシチュエーションに憧れているだけの方が多いと思います。

もし、本気で恋人が欲しいなら美術館の出会いを期待するよりも、アプリを使った方法が一番簡単でおすすめです↓

デートするまではメッセージでやり取りするので、コミュニケーションやナンパに自信がない人でも安心!

シチュエーションや出会い方などにこだわるよりも、好きな人と一緒にどう歩んでいくか、が大事です。

ただ、使ったことがない人からすると・・

「出会い系サイトか・・」「怪しい!」と感じますよね。サクラ業者がいるのでは?と不安になる気持ちも分かります。

しかし、よくある出会い系サイトとは全くの別物。

マッチングアプリは24時間365日パトロールをして、恋人探し以外の人を徹底的に排除をしています。大手の企業が運営しているため安心でき、若者にも人気があります。

さらにアメーバが運営する情報サイト「Spotlight」が男女に出会いの場所を調査したところ、20代〜30代の4人に1人がアプリを通して出会っている事が分かったのです!

4人に1人が使っているマッチングアプリって?全78種のアプリを比較・検証調査をして、安心で人気のものだけをまとめました(^^)/

>>【無料マッチングアプリ】本当に出会える!おすすめ人気ランキング

 

無料で使うことができるので、まだの方は使ってみましょう!

 

-出会いの場所

Copyright© 彼女作るのが難しい人に必要な努力とは|彼女作る5つの方法とコツ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.